Top Page
トップページ
Shop
店舗情報
Connoisseures Club
最新レポート レポート過去ログ クラブ紹介
第246回Connoisseures Club
お題 「クレイゲラヒ」
開催日 2019年6月23日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドクレイゲラヒ199027年49.6%ウィスキーファインド
2スペイサイドクレイゲラヒ198119年58.0%ダンベーガン
3スペイサイドクレイゲラヒ No.44.39 15年58.1%ソサエティ
4スペイサイドクレイゲラヒ199520年59.1%ダグラスレイン
5スペイサイドクレイゲラヒ20089年65.7%スピリッツショップ
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「クレイゲラヒー」 である。

  最近立て続けに初登場の蒸留所が続くが、今回のクレイゲラヒーも初お目見えである。ほとんどお目に掛かる事の無いモルトだが、オフィシャルボトルが出ているようである。

  クレイゲラヒーといえば、蒸留所近くのクレイゲラヒーホテルが有名で、バーでは多くのモルトが飲めるようだ。スペイサイドの中心にある、蒸留所の名を冠したホテルのバーで、ゆっくり静かにモルトを飲む、モルト飲みには至福の時間ではないだろうか。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]ウイスキーファインド クレイゲラヒー リフィルホッグスヘッド 1/285
1990-2017 27年 49.6%
【 香り 】
フル−ティーかつ、セメダイン系のエステル香が強い。しだいに香りは落ち着きエレガントに香るようになる。やや甘い香りも出ているが、酸味を伴なう。

【  味  】
フルーティが前面に出る、エステリーを感じつつ、わずかな渋みが心地よい。
[ NO.2 ] SMWS 44.39 クレイゲラヒー EXバーボン・リフィルバレル 1/63 15年 58.1%
【 香り 】
フルーティーに香るがややドライ。アルコール感が強い。しばらくグラスを回していればバニラが立ってくる、さらにウッディな熟成香も。

【  味  】
酸味を感じる、梅系の果実の含み香。フルーツの数は多い。加水でウッディな熟成感が強くなる。
[ NO.3 ] ダンビーガン クレイゲラヒー 1981-2000 19年 58%
【 香り 】
焦げたゴムの香り、トースティー。注意深くすれば、わずかにエステリー。

【  味  】
トースティーでビッグなボディ。苦味を伴なうがフルーツ感も強い。加水すればフルーツがさらに開き、ウッディな樽香が出てくる。
[ NO.4 ]オールド パティキュラー(信濃屋) クレイゲラヒー シェリーバット Ref DL.10962 1/271
1995-2016 20年 59.1%
【 香り 】
色合いはシェリー樽のものだが、焦げたゴムの香りは無い。香りの立ちが弱く、シェリーらしくない。ややトースティで程よい甘さを感じる。

【  味  】
酸味を伴いエレガントなフルーツが広がる。深みを感じる味わい。
[ NO.5 ]5スピリッツショップセレクション クレイゲラヒー シェリーバット cask no.900941 1/673
2008 23年 65.7%
【 香り 】
肉を連想する香り、少しのトースティと少しのたくあん。ワイン樽熟成か。

【  味  】
旨みとアルコール感がかなり強い。トースティで湿気た含み香。加水でニューポットのような若いアルコールを感じる。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
コニサーズクラブ過去ログ
Copyright © 2019 Bar K-9 All rights reserved.