Top Page
トップページ
Shop
店舗情報
Connoisseures Club
最新レポート レポート過去ログ クラブ紹介
第246回Connoisseures Club
お題 「クレイゲラヒ」
開催日 2019年6月23日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドクレイゲラヒ199027年49.6%ウィスキーファインド
2スペイサイドクレイゲラヒ198119年58.0%ダンベーガン
3スペイサイドクレイゲラヒ No.44.39 15年58.1%ソサエティ
4スペイサイドクレイゲラヒ199520年59.1%ダグラスレイン
5スペイサイドクレイゲラヒ20089年65.7%スピリッツショップ
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「クレイゲラヒー」 である。

  最近立て続けに初登場の蒸留所が続くが、今回のクレイゲラヒーも初お目見えである。ほとんどお目に掛かる事の無いモルトだが、オフィシャルボトルが出ているようである。

  クレイゲラヒーといえば、蒸留所近くのクレイゲラヒーホテルが有名で、バーでは多くのモルトが飲めるようだ。スペイサイドの中心にある、蒸留所の名を冠したホテルのバーで、ゆっくり静かにモルトを飲む、モルト飲みには至福の時間ではないだろうか。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]ウイスキーファインド クレイゲラヒー リフィルホッグスヘッド 1/285
1990-2017 27年 49.6%
【 香り 】
フル−ティーかつ、セメダイン系のエステル香が強い。しだいに香りは落ち着きエレガントに香るようになる。やや甘い香りも出ているが、酸味を伴なう。

【  味  】
フルーティが前面に出る、エステリーを感じつつ、わずかな渋みが心地よい。
[ NO.2 ] SMWS 44.39 クレイゲラヒー EXバーボン・リフィルバレル 1/63 15年 58.1%
【 香り 】
フルーティーに香るがややドライ。アルコール感が強い。しばらくグラスを回していればバニラが立ってくる、さらにウッディな熟成香も。

【  味  】
酸味を感じる、梅系の果実の含み香。フルーツの数は多い。加水でウッディな熟成感が強くなる。
[ NO.3 ] ダンビーガン クレイゲラヒー 1981-2000 19年 58%
【 香り 】
焦げたゴムの香り、トースティー。注意深くすれば、わずかにエステリー。

【  味  】
トースティーでビッグなボディ。苦味を伴なうがフルーツ感も強い。加水すればフルーツがさらに開き、ウッディな樽香が出てくる。
[ NO.4 ]オールド パティキュラー(信濃屋) クレイゲラヒー シェリーバット Ref DL.10962 1/271
1995-2016 20年 59.1%
【 香り 】
色合いはシェリー樽のものだが、焦げたゴムの香りは無い。香りの立ちが弱く、シェリーらしくない。ややトースティで程よい甘さを感じる。

【  味  】
酸味を伴いエレガントなフルーツが広がる。深みを感じる味わい。
[ NO.5 ]5スピリッツショップセレクション クレイゲラヒー シェリーバット cask no.900941 1/673
2008 23年 65.7%
【 香り 】
肉を連想する香り、少しのトースティと少しのたくあん。ワイン樽熟成か。

【  味  】
旨みとアルコール感がかなり強い。トースティで湿気た含み香。加水でニューポットのような若いアルコールを感じる。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
第247回Connoisseures Club
お題 「テナニアック」
開催日 2019年7月28日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1ハイランドテナニアック198229年47.2%セレブレーション オブ カスク
2ハイランドテナニアック199919年50.0%ハンターレイン
3ハイランドテナニアック198230年51.1%ゴールデンカスク
4ハイランドテナニアック200611年55.2%ケイデンヘッズ
5ハイランドテナニアック197518年62.6%キングスバリー
テイスティングノート
山崎 白秋記
  1817年に創業したテナニアックは、1970年に立て直され近代的な蒸留所となった。ポットスチルも10基ありスコットランドでも最大級の蒸留所である、そのわりに知名度が低いのが残念なところだ。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]セレブレーション・オブ・ザ・カスク テナニアック cask no.7713 82/225
1982-2011 47.2%
【 香り 】
トップノートはエステリー、香りの立ちが早い。優しい甘さが特徴的で概ねフルーティー。

【  味  】
幾種類ものフルーツを味わうことができる、甘さも程よく心地よい。しだいに熟成由来の渋みと樽香が出てくる。
[ NO.2 ] OMC テナニアック 1/284 1999-2018 19年 50%
【 香り 】
香りが弱い、注意深くすればエステリーが感じ取れる。奥にはサイダーの香りも。

【  味  】
たいへんフルーティーで果実の数は多い。樽由来の味わいはほとんど無く、枯れた樽を使っているようだ。
[ NO.3 ] ゴールデンカスク テナニアック cask no.CM175 51/262 1982-2012 51.1%
【 香り 】
トップノートは金属的な香り、若さ由来の麦芽も感じられる。わずかにヌカ臭い香りも。加水でフルーティーに変化し、さらにはウッディな香りも出てくる。

【  味  】
アルコール感が強い、フルーティーではあるがドライ。加水でフルーツの数は増える。
[ NO.4 ]ケイデンヘッド テナニアック 11年 55.2%
【 香り 】
トップノートは若い香り、焼酎を連想させる、単純な甘い香りも。あえていえばニューポット。奥にはバニラが感じられる。

【  味  】
アルコール感が強く、甘さも強い。味が薄く、やはり味わいもニューポット。バーボン樽由来のバニラもかすかに感じる。
[ NO.5 ]キングスバリー テナニアック ex-バーボン 1975-1994 18年 62.6%
【 香り 】
甘い香りが漂い、カラメルを感じる。まったりとふくよかに香る、ややトースティ。グラスを回していればエレガントに変化する。

【  味  】
やはり甘い含み香、味わいは濃いがやや単純。湿気たフィニッシュ。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
第248回Connoisseures Club
お題 「ベンリネス」
開催日 2019年8月25日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドベンリネス199520年49.6%シグナトリー
2スペイサイドベンリネス No.36.84198925年51.0%ソサエティ
3スペイサイドベンリネス199522年54.9%セレブレーション オブ ザ カスク
4スペイサイドベンリネス200414年55.4%ケイデンヘッズ
5スペイサイドベンリネス1998 56.4%モンゴメリーズ
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「ベンリネス」 である。

  3度目の登場となるベンリネス、比較的マイナーな蒸留所ではあるが20年も続いていると15本も集まるのである。
  一部3回蒸留をしている事が知られているが、比較的ライトなモルトに仕上がると言われている。実際はどうなのであろうかテイスティングノートから読み取っていただければ幸いである。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]シグナトリー ベンリネス ホッグスヘッド cask no.5894 220/293
1995-2016 20年 49.6%
【 香り 】
トップノートはミントの香り、追ってフルーツが広がる。しだいに樽由来の深みのある香りに満たされる。爽やかなエステル香も。時間とともにウッディな印象は強くなり樽を意識する。

【  味  】
ビッグなボディ、ウッディな含み香が素晴らしい。フルーツも負けず口に広がる。加水すると個性が弱くなるところが残念。
[ NO.2 ] SMWS 36.84 ベンリネス EX-バーボン・リフィルホッグスヘッド 25年 51.0%
【 香り 】
実に爽やかなフルーツ香、フルーツの数も多い。わずかにヌカを感じる時もある。

【  味  】
口いっぱいにフルーツが広がる、まさにフルーツの競演。わずかにウッディな印象もある。
[ NO.3 ] カーンモア セレブレーションカスク ベンリネス ホッグスヘッド cask no.7799 91/255
1995-2017 54.9%
【 香り 】
秋の青空のように爽やかな香り、鮮やかなフルーツ香。わずかにピート香も。しだいにキャラメルやバニラも、バーボン樽の個性か。

【  味  】
エレガントな南国フルーツが広がる、ややアルコールを意識する場面も。程よい酸味をともなう。
[ NO.4 ]ケイデンヘッド ベンリネス EX-バーボンホッグスヘッド no.bottles864
2004-2018 14年 55.4%
【 香り 】
モルティ、麦芽風味が強い。いがいが香るのはピート由来か。とにかく若い。

【  味  】
意外にもフルーティ、程よい酸味。香ばしい含み香。
[ NO.5 ]モンゴメリー ベンリネス cask no.2829 1988-2005 56.4%
【 香り 】
南国フルーツの競演、香りの数は多い。わずかに麦芽風味を感じる事もある。

【  味  】
おおむねフルーティ、旨みを感じる場面も。深みはあるのだが、味の数は多く無い。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
第249回Connoisseures Club
お題 「スペイサイド」
開催日 2019年9月22日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドスペイサイド200117年49.0%ディスティラーズコレクション
2スペイサイドスペイサイド199125年52.4%ケイデンヘッド
3スペイサイドスペイサイド199521年57.0%BBR
4スペイサイドスペイサイド199415年64.6%ケイデンヘッド
5スペイサイドスペイサイド  43.0%オフィシャル
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「スペイサイド」 である。

  20年以上も続いているモルト会であるが、このモルトは初めての登場である。いかにも希少な5本だ。
  ただ最近になってオフィシャルボトルは、ずいぶんと見かけるようになった。1990年移築しての創業なので出回るのに時間が掛かったのかもしれない。
   またドラムイーシュの名前でオフィシャルボトルが出ているが、若さを感じる味わいのモルトと記憶している。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]スコッチモルトセールス スペイサイド ソーテルヌフィニッシュ 17年 49%
【 香り 】
トップノートはミントの香り、追ってフルーツが広がる。しだいに樽由来の深みのある香りに満たされる。爽やかなエステル香も。時間とともにウッディな印象は強くなり樽を意識する。

【  味  】
ビッグなボディ、ウッディな含み香が素晴らしい。フルーツも負けず口に広がる。加水すると個性が弱くなるところが残念。
[ NO.2 ] ケイデンヘッド スペイサイド バーボンホッグスヘッド 1991-2016 25年 52.4%
【 香り 】
実に爽やかなフルーツ香、フルーツの数も多い。わずかにヌカを感じる時もある。

【  味  】
口いっぱいにフルーツが広がる、まさにフルーツの競演。わずかにウッディな印象もあり長熟を予感させる。
[ NO.3 ] BBR スペイサイド cask Ref.1168 1995-2017 57.0%
【 香り 】
秋の青空のように爽やかな香り、鮮やかなフルーツ香だ。わずかにピート香も。しだいにキャラメルやバニラも、バーボン樽の個性か。

【  味  】
エレガントな南国フルーツが広がる、ややアルコールを意識する場面も。程よい酸味をともなう。
[ NO.4 ]ケイデンヘッド スペイサイド バーボンホッグスヘッド 1/200 1994-2009 15年 64.6%
【 香り 】
モルティ、麦芽風味が強い。いがいが香るのはピート由来か。とにかく若い。

【  味  】
意外にもフルーティ、程よい酸味。香ばしい含み香。
[ NO.5 ]オフィシャルボトル ザ・ブラック スペイサイド 43%
【 香り 】
南国フルーツの競演、香りの数は多い。わずかに麦芽風味を感じる事もある。

【  味  】
おおむねフルーティ、旨みを感じる場面も。深みはあるのだが、味の数は多く無い。
>> Top
第250回Connoisseures Club
お題 「グレンスペイ」
開催日 2019年10月27日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドグレンスペイ199916年48.4%オールドパティキュラー
2スペイサイドグレンスペイ199125年47.4%ADラトレー
3スペイサイドグレンスペイ199124年52.6%カーンモア
4スペイサイドグレンスペイ199513年58.8%ケイデンヘッド
5スペイサイドグレンスペイ199522年57.9%ケイデンヘッド
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「グレンスペイ」 である。

  先月に続いて初登場の蒸留所である。世界的なモルト不足と言われている中、稀有なモルトの入手が昔より容易になったのは理解に苦しむところではあるが、モルト呑みにとっては幸せなことではある。

  マイナーな蒸留所の事ゆえ、話題性に乏しい。もちろんハウススタイルも希薄と言わざるを得ず、個性を論ずるのは先送りとしたい。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]ダグラスレイン・オールドパティキュラー グレンスペイ リフィルホッグスヘッド
1/224 1999-2015 16年 48.4%
【 香り 】
トップノートはミント、ハッカ。ライトボディで、わずかに麦芽風味。香りが弱く、アルコール度数が低いと思われる

【  味  】
モルティな味わい、若さを感じる。味が薄い分アルコールが前に出る。ややトースティ。
[ NO.2 ] ADラトレー グレンスペイ バーボンホッグスヘッド cask no.800861 1/274
1991-2017 25年 47.4%
【 香り 】
ミントが香りややスパイシー。フルーツが香るが立ちが弱い。奥には軽いピート香。しばらくグラスを回していれば華やかに変化する。

【  味  】
香りは弱かったが、味わいは華やかだ。鮮やかなフルーツの競演、色彩感豊かなモルトだ。味の数は極めて多い。
[ NO.3 ] カーンモア セレブレーションカスク グレンスペイ ホッグスヘッド cask no.2535
129/240 1991-2015 52.6%
【 香り 】
トップノートは北国フルーツ。最初はライトなボディに感じるが、しだいに深みが増してくる。奥には熟成由来のウッディな香りも。

【  味  】
味わいは単調で、ややアルコール感が強い。概ねフルーティ。
[ NO.4 ]ケイデンヘッド グレンスペイ バーボンホッグスヘッド 1/246
1995-2008 13年 58.8%
【 香り 】
トップノートはフルーティ、しかし香りの立ちは遅い。わずかに麦芽風味、熟成感は弱い。

【  味  】
まず甘さを感じる。その後、酸味を伴なうフルーツが現れるが、フルーツの数は多く無い。
[ NO.5 ]ケイデンヘッド グレンスペイ スモールバッチ 22年 57.9%
【 香り 】
スパイシーかつフルーティ。しだいに深みのあるエステリーな香りが立ってくる。ミディアムボディ。

【  味  】
フルーティかつ旨み成分を感じる。華やかなエステル香が口一杯に広がる。
>> Top
コニサーズクラブ過去ログ
Copyright © 2019 Bar K-9 All rights reserved.