Top Page
トップページ
Shop
店舗情報
Connoisseures Club
最新レポート レポート過去ログ クラブ紹介
第251回Connoisseures Club
お題 「グレンアラヒー」
開催日 2019年11月24日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドグレンアラヒー199520年52.3%リキッドサン
2スペイサイドグレンアラヒー200612年57.6%オフィシャル
3スペイサイドグレンアラヒー20078年65.5%ADラトレー
4スペイサイドグレンアラヒー199225年56.0%ケイデンヘッド
5スペイサイドグレンアラヒー200510年68.2%シェリーバット
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「グレンアラヒー」 である。

  2回目の登場となるグレンアラヒー、1967年創業の新しい蒸留所である。蒸留されたモルトは、そのほとんどがブレンデッドウイスキーに回されているようで、シングルモルトとしては、なかなか入手が難しいモルトではある。
  しかし最近はオフィシャルボトルが充実しており、今回も5本の内、1本がオフィシャルであった。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]リキュッドサン グレンアラヒー バーボンカスク 1995-2015 20年 52.3%
【 香り 】
トップノートはミント、ハッカ。ライトボディで、わずかに麦芽風味。香りが弱く、アルコール度数が低いと思われる。

【  味  】
モルティな味わい、若さを感じる。味が薄い分アルコールが前に出る。ややトースティ。
[ NO.2 ] オフィシャルボトル グレンアラヒー バーボンバレル cask no.26856 056/265
2006-2018 12年 57.6%
【 香り 】
ミントが香りややスパイシー。フルーツに香るが立ちが弱い。奥には軽いピート香。しばらくグラスを回していれば華やかに変化する。

【  味  】
香りは弱かったが、味わいは華やかだ。鮮やかなフルーツの競演、色彩感豊かなモルトだ。味の数は極めて多い。
[ NO.3 ] ADラトレー グレンアラヒー シェリーバット cask no.900832 1/657
2007-2016 8年 65.5%
【 香り 】
トップノートは北国フルーツ。最初はライトなボディに感じるが、しだいに深みが増してくる。奥には熟成由来のウッディな香りも。

【  味  】
味わいは単調で、ややアルコール感が強い。概ねフルーティ。
[ NO.4 ]ケイデンヘッド グレンアラヒー 25年 56%
【 香り 】
トップノートはフルーティ、しかし香りの立ちは遅い。わずかに麦芽風味、熟成感は弱い。

【  味  】
まず甘さを感じる。その後、酸味を伴なうフルーツが現れるが、フルーツの数は多くない。
[ NO.5 ]チーフタンズ グレンアラヒー シェリーバット cask no.900060 1/637
2005-2015 10年 58.2%
【 香り 】
スパイシーかつフルーティ。しだいに深みのあるエステリーな香りが立ってくる。ミディアムボディ。

【  味  】
フルーティかつ旨み成分を感じる。華やかなエステル香が口一杯に広がる。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
コニサーズクラブ過去ログ
Copyright © 2019 Bar K-9 All rights reserved.