Top Page
トップページ
Shop
店舗情報
Connoisseures Club
最新レポート レポート過去ログ クラブ紹介
第256回Connoisseures Club
お題 「ボウモア」
開催日 2020年6月28日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドボウモア198830年47.9%ケイデンヘッド
2スペイサイドボウモア199219年52.8%シグナトリー
3スペイサイドボウモア200412年61.2%G & M
4スペイサイドボウモア198829年50.0%オールド モルト カスク
5スペイサイドボウモア200016年48.0%オフィシャル
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「トーモア」 である。

  かなりマイナーな蒸留所だ、ただし当会では去年の4月以来2回目の登場である。

  モルトを紹介するブックでも最終ページに近いところにあり、忘れ去られがちであるが、オフィシャルボトルもあり、1960年にモルトづくりを開始した新しい蒸留所だ。ポットスティルも8基設置され小さな蒸留所では無い。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]ケイデンヘッド トーモア 3xバーボンホッグスヘッド no.bottle 462
1988-2019 30年 47.9%
【 香り 】
トップノートはエステリー、そしてきわめてフルーティ。フルーツの種類は多いが、特に梅が香りが印象的である。

【  味  】
フルーティだがドライである。注意深くすれば幾種類ものフルーツを感じる事ができる。
[ NO.2 ] シグナトリー トーモア バーボンバレル cask no.5683+5688 117/361
1992-2011 19年 52.8%
【 香り 】
トップノートはエステリーだが、シェリー樽の個性も感じられゴージャスだ。酸味も心地よく、しばらくすればバニラの香りも。

【  味  】
フルーティだが、心地よい苦みも、熟成由来か。ただしフルーツの含み香は長く続かない。
[ NO.3 ] GM トーモア バーボンバレル cask no.895+896+897+898 2004-2016 61.2%
【 香り 】
ドライでアルコール感が強い。しばらくすると甘さが感じられ、さらにバニラの香りも。

【  味  】
やはりドライでアルコール感が強く、にがみも強い。味の数は多く無い。
[ NO.4 ]OMC トーモア ref HL15243 1988-2018 29年 50%
【 香り 】
えぐみを感じさせる香り、いおうの香りと湿気た風味、シェリー樽由来か。しばらくグラスを回していればエステリーで甘い香りが立ってくる。

【  味  】
たいへん深みのあるエステリーな含み香。わずかに熟成由来の樽の渋みも感じられる。
[ NO.5 ]オフィシャル トーモア アメリカンオーク BATCH no.A1603 2016 16年 48%
【 香り 】
イオウ、たくあんの香り、かなり癖が強い、シェリー樽由来か。

【  味  】
若いラムの味わい、さらにイオウの個性とにがみも。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
第257回Connoisseures Club
お題 「ウエストポート」
開催日 2020年7月26日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1ハイランドウエストポート199521年49.1%ディスティラリーズコレクション
2ハイランドウエストポート199720年54.2%トンプソンブラザーズ
3ハイランドウエストポート200411年61.4%キングスバリー
4ハイランドウエストポート200612年60.3%スコッチユニバース
5ハイランドウエストポート199718年58.4%オーシャンズ
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「ウエストポート」 である。

  聴きなれない名前であるが、モルト呑みの間ではグレンモーレンジであることは暗黙の了解だ。いわゆるティースプーンモルトというやつである。

  門外不出のモーレンジを、たった一杯のティースプーンのモルトを加えることで、シングルカスクを飲むことが出来るのだからありがたいことである。

  もちろん、中身はモーレンジであるのでモルトの出来が悪かろうはずが無い。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]スコッチモルトセールス ディステラリーコレクション ウエストポート ホッグスヘッド
1995-2017 21年 49.1%
【 香り 】
きわめてエステリーだ、ただし他の香りがマスキングされ、香りの数が多く感じられない。

【  味  】
フルーティで爽やか。フルーツの種類は多く、色鮮やかだ。
[ NO.2 ] THE THOMPSON BROS ドーノッホ/ウエストポート cask no.3292 1/270
20年 54.2%
【 香り 】
トップノートはウッディ、上質なバーボン樽のファーストフィルか。わずかにキャラメル香も。

【  味  】
樽の味わいが強い、ニッカの余市でよくみられる樽の使い方だ。
[ NO.3 ] キングスバリー ウエストポート ホッグスヘッド cask no.600045 1/225 11年 61.4%
【 香り 】
穀物臭が強い、若さからくる香りか、わずかにウッディ。しばらくすれば嫌味な香りは弱くなり、フルーツ香が現れてバランスが取れてくる。
さらに時間が経てば樽の香りが強くなり、上質感が増す。

【  味  】
フルーティーでウッディ。樽由来の苦みも心地よい。良い意味でアルコール感が強い。
[ NO.4 ]URSA MAJORI ウエストポート ファーストフィル 2006-2018 60.3%
【 香り 】
キャラメル香が心地よい。樽由来の渋みを感じさせる香り。ただし香りの数は多くない。

【  味  】
こげたゴム臭、湿気た味わい。シェリー樽熟成か。わずかに硫黄臭、若さとアルコールが強く感じられる。
[ NO.5 ]ザ・オーシャンズ ウエストポート ダークシェリー cask no.1500071 1/297
1997 18年 58.4%
【 香り 】
たいへん濃い香り、きわめてエステリー。南国フルーツが盛りだくさん、爽やかな一面もある。

【  味  】
ぶどう系のフルーツが口いっぱいに広がる。甘さも心地よい。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
コニサーズクラブ過去ログ
Copyright © 2019-2020 Bar K-9 All rights reserved.