Top Page
トップページ
Shop
店舗情報
Connoisseures Club
最新レポート レポート過去ログ クラブ紹介
第266回Connoisseures Club
お題 「モートラック」
開催日 2021年10月24日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドモートラック No.76.51199610年60.9%ソサエティ
2スペイサイドモートラック198412年60.9% 
3スペイサイドモートラック No.76.65 23年58.5%ソサエティ
4スペイサイドモートラック201010年47.5%カーンモア
5スペイサイドモートラック198915年56.7%キングスバリー
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「モートラック」 である。

  どちらかといえばマイナーな印象を受けるモートラックではあるが、需要が多いのか、供給が多いのか、モルトはそこそこ出回っているようで、これで4度目の登場である。

  スペイサイドのフルーティな個性をしっかり持っており、シェリー樽熟成のモルトも多くリリースしているモートラックである。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]SMWS 76.51 モートラック 1996-2007 10年 60.9%
【 香り 】
トップノートはエレガントでスウィート。軽い香りではあるがたいへんフルーティ。しばらくすればバニラも立ってくる、バーボン樽熟成か。

【  味  】
きわめてフルーティで、たいへん明るい味わい。
[ NO.2 ] ブラッカダー モートラック cask no.4086 331/34 1984-1996 60.9%
【 香り 】
深みのある香り。 タクアンを思わせるややひねた香りも。ピート由来かもしれない。奥にはフルーツも感じられる。

【  味  】
深みのあるフルーツを感じる。アルコール感が強く、ピリピリとする。
[ NO.3 ] SMWS 76.65 モートラック リフィルホッグスヘッド EXバーボン 1/196
1986 23年 55.6%
【 香り 】
高品質でエレガントな香り。心地よく、甘い香りはリフィルシェリー熟成か。

【  味  】
味わいもたいへんエレガント、フルーツの数も多く色鮮やか。
[ NO.4 ]カーンモア モートラック シェリーバット cask no.2020 1/611 10年 53.5%
【 香り 】
かつて経験したことの無い香り、砂糖菓子、あるいは香草系の香り。リキュールのようでもある。シークレットで出されたら、モルトでは無いと感じるかもしれない。

【  味  】
湿気た味わい、シェリー樽熟成か。砂糖水っぽい、アルコール度数が低い。
[ NO.5 ]キングスバリー モートラック シェリー 400/684 1989 15年 56.7%
【 香り 】
よく言うところの焦げたゴムの香り。硫黄の香りも強い。典型的なシェリー樽熟成だ。

【  味  】
やや湿気た含み香があるが、酸味や明るい味わいがあり、悪くない印象だ。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
コニサーズクラブ過去ログ
Copyright © 2019-2021 Bar K-9 All rights reserved.